So-net無料ブログ作成
検索選択

コードネームミラージュ [テレビ]

毎週金曜日、テレビ東京系列で放送しているドラマコードネームミラージュ」。桐山漣と佐野ひなこが出演している、なかなかハードボイルドなドラマです。
「K-13(ケー・じゅうさん)」と呼ばれる組織で、警察庁警備局局長が与えるミッションを部隊の指揮官たる警備局公安特殊課課長が指令します。ハッカーとして拘置所収監中の「ドブネズミ」(佐野ひなこ)が情報処理や解析・改竄でバックアップします。実働エージェントのコードネーム「ミラージュ」(桐山漣)が“処理”するシーンが毎回見どころです。
ミラージュは各種センサーを内蔵した眼鏡とサイレンサー付きの拳銃、相棒であるAI搭載車両のロビンと共に隠密裏に犯罪者たちを処断していくドラマです。
2クール続いているドラマですが、次回予告が全くないところが魅力で、ミステリアスなドラマとして人気です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あなそれ最終回 [テレビ]

火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』。ついに20日に最終回を迎えました。
波留の役どころは評判がよくないですが、東出昌大の怪演が話題ですね。仲里依紗もなかなか辛辣な妻を演じていました。視聴率もよかったようですね。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマが佳境 [テレビ]

どのドラマも今週終わるものや来週最終回を迎えるものが多いですね。
『あなそれ』や『リバース』をみていますが現実離れしていてそれぞれの世界観がすごいですね。

nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コードネームミラージュ [テレビ]

テレビ東京で放送しているコードネームミラージュ。
佐野ひなこと桐山漣が出演していてなかなかハードなドラマです。
ちょっとぶっ飛んでいるので深夜に眠れなくなります。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

アトム ザ・ビギニング [テレビ]

土曜日の夜、NHKで放送している『アトム ザ・ビギニング』。鉄腕アトムを作り上げた天馬博士とお茶の水博士の学生時代を描いた興味深い作品です。
A10 6(エーテンシックス)が彼らのロボット研究のアウトプット。2人の天才ぶりは学生のころからすごいです。みかこし(小松未可子)も声優として出演しているので毎週見逃せないですね。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あなそれ [テレビ]

火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』が話題になっています。波瑠と東出昌大の夫婦が巻き起こすシチュエーションがエグいですね。仲里依紗も好演のドラマです。上戸彩主演の『昼顔』も話題ですね。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビのバラエティ番組 [テレビ]

たまに、バラエティ番組を見たりします。
本当に笑える時はよいのですが、あまり笑えない番組もあります。人によって笑いの感覚って様々ですね。
相性が良いというのは、笑いのツボの相性と言い換えることができるかもしれません。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コールドストーン [テレビ]

とんねるずバラエティ番組で、石橋貴明がコールドストーンがバイトしていました。あの歌も一緒に歌っていて、なんだか笑えました。コールドストーンアイス、食べたくなってしまいましたよ。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

貴族探偵 [テレビ]

月9というので、加藤あいが出演していた「貴族探偵」を見てみました。
インターネットではあまり評判は良くないようでしたが、個人的にはあの無理のある設定にハマってしまいました。

SiriのようなGiriは仲間由紀恵が声を担当しているし、中山美穂メイドになっているし、武井咲はあまり優秀でない探偵という役。井川遥は武井咲の先輩という役でした。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ギエロン星獣 [テレビ]

TOKYO MXTVでたまたま「ウルトラセブン」を見ました。

今回は第26話「超兵器R1号」で、惑星破壊兵器の実験の犠牲となったギエロン星から飛来したギエロン星獣は、故郷を破壊されたことから地球を攻撃します。驚異的な再生能力の持ち主で、ミサイルで一度は粉々にされるのですが一晩で再生してしまいます。

ギエロン星は生物の棲息がほぼ不可能な灼熱の星であったという説明がありましたが、R1号の放射能の影響で突然変異したギエロン星獣は、ウルトラセブンと対決し、セブンを苦しめるのですが結局はやられてしまいます。

惑星破壊兵器である超兵器R1号の開発のくだりで、ウルトラセブン(モロボシダン)は、『地球を守るためなら何をしても良いのか』と科学者に問いかけ、開発者側は『兵器としてだけでなく、地球の力を示すことで平和にも繋がる』と説明します。ダンは『そうなれば侵略者はもっと強い兵器を作る』と反論し、科学者は『そうなればこちらはもっと強い兵器を作る』と回答します。

これにダンは『それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…』と絞り出すように答えています。 

宇宙人どうしでこんな争いをしていてはまるで不毛の地のようだ、という製作者の意図が伝わってきました。人間どうしも、全く同じことです。

やっぱりウルトラセブンはメッセージ性という点で、他の作品と比較して、群を抜いてその作品が評価されているのに気づかされました。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感