So-net無料ブログ作成

プラレールアドバンス [日記]

電車遊びでプラレールというおもちゃがありました。

21世紀の今日では、株式会社タカラトミーの「プラレールアドバンス」が販売されています。
子どもの頃、遊んだプラレールとはまったく新たな発想を取り入れながら、それでいて、長い間大切にされてきた遊びとも融合されています。こんな特徴があるそうです。

1. プラレールのレールの片側を電動走行可能
単線レールを服せんレールとして新たに活用するデザインチェンジで、レイアウトを発展させます。

2. プラレールの部品を使用可能
同じスペースで2倍の車両を走行させることが可能です。レール、情景部品はもちろん再使用できます。

3. 実車さながらのギリギリすれ違い走行・並走が可能
鉄道の最大の魅力である、ギリギリのすれ違いシーンを再現可能。これまでは1本のレールで1車両が走るところを複線に見立てるため、2車両がぶつからずにギリギリですれ違い走行するのを楽しむことができます。

4. スマートでリアルなデザイン
実車形状を最大限反映しているため、スマートでスタイリッシュなたたずまいを実現し、大人をもひきつけるデザインとなっています。

5. 始めるのは簡単
電池を入れ、レールの上におき、スイッチを入れるだけですぐに走らせることができます。

6. 工夫次第でさらに発展
コントロール遊びや服せんレールを使った4車両同時走行など工夫次第でプラレールの世界が広がります。

むかしのプラレールはさすがにとっておいてはいないだろうなぁ。でも動画をみているだけでもプラレールのよさはつたわってきます。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

箱根美術館 [日記]

もう明日で3月もおわりですね。2013年も早いもので1/4が過ぎ去ってしまいました。

熱海のMOA美術館を姉妹館とする美術館に箱根美術館があります。もちろんこの美術館の創立者も岡田茂吉で、「美術品は決して独占すべきものではなく、一人でも多くの人に見せ、たのしませ、人間の品性を向上させることこそ文化の発展に大いに寄与」するとの信念のもとに箱根町強羅に開館したのが箱根美術館なのです。

春をむかえ、生活の芸術化を目指して文化活動に勤しむのもよいかもしれませんね。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

耳をすませば [映画]

先日、「ジブリがいっぱいCOLLECTION」DVDで、「耳をすませば」を買ってきました。

宮崎駿プロデュース・脚本・絵コンテ、近藤喜文監督作品で、キャッチコピーは「好きな人ができました。」

主人公の月島雫は中学三年生。明るくて読書好き、図書館で本を借りているうちに読書カードに天沢聖司の名前を見つけます。この作品、ついこの間の公開だなんて思っていたら、1995年の作品でした。いやはや、月日のたつのははやいものですね…

青春の一ページを思い起こさせるようなこの作品、上記のキャッチコピーの作者は、かの糸井重里です。日本初のドルビーデジタルが採用された映画らしいので、やっぱりジブリ作品はすごいですね。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

saku saku Ver. 9.0 [テレビ]

神奈川発、白井ヴィンセントと新MC・トミタ栞のバラエティ「saku saku」のDVDを買って観ています。

いつものようにオンエア・ダイジェスト、特典映像からなり今回のVer. 9.0は2枚組で特典映像満載です。

新MCのトミタ栞は岐阜出身で、今回は地元、高山のぶらぶら歩きがおもしろかったです。実家はラーメンやの「豆天狗」です。

飛騨高山、行ったことはないですが食事がおいしそうでした。みたらし団子や飛騨牛バーガーなどは行ってみたらぜひ試してみたいですね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

モヤさまDVDやっぱりおもしろい [テレビ]

モヤさまDVD、Vol.16, 17, 18, 19を買ってみていますが、やっぱり珠玉の作品ですね。

バラエティとしては最高の出来だと思います。モヤモヤしている街をブラブラ歩いて、フラっとそこにある店にはいって店員さんとのふれあい。今までになかったパターンで、19巻のDVDを観ていてもまったく飽きません。

大江アナウンサーも次回の4月7日のスペシャルで卒業してニューヨークへ行ってしまいますが、モヤさま自体は独行するそうで、後任もこの日に発表されるそうです。
大江アナがいなくてもグダグダにならないよう、後任の方には奮起してがんばってほしいですね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ビブリア古書堂の事件手帖…最終回 [テレビ]

月9の剛力彩芽主演「ビブリア古書堂の事件手帖」が最終回を迎えてしまいました。
鎌倉の風景がきれいで、なんだか落ち着くドラマでした。推理の経緯がやや超能力じみていましたが、原作も同じだそうなので、作品の特徴かな、と思います。

4月からはガリレオ、福山雅治が主演です。こちらも楽しみですね。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

寒暖の差が激しいですね [日記]

朝夕、昼間との寒暖の差がはげしいですね。
体調をくずしがちですが、うまく調節してのりきりましょう。

私はこの春休みは東野圭吾の文庫本を読もうと思っています。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MOA美術館 [日記]

熱海のMOA美術館に行ってきました。
敷地面積25000㎡、メインロビーの標高は260mです。エスカレーターで本館まで登るのにかなりの時間が必要です。エスカレーターの総延長は200m、階段も併設されていましたが計457段だそうです。でもその先には国宝が待っています。
尾形光琳「紅白梅図屏風」
野々村仁清「色絵藤花文茶壺」
手鑑「翰墨城」
他にも数多くの重要文化財(65点あるそうです)が展示してありとても興味深いものでした。

なかなか美術品にゆかりがない生活だったので、なんだか新鮮で、絵画、彫刻、書跡、工芸への造詣を深めた一日でした。
ちなみにMOAとは、ニューヨークにあるMoMA美術館(The Museum of Modern Art )とは全く異なり、創立者の岡田茂吉を冠して「Mokichi Okada Association」から来ているらしいですよ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

料理の楽しさ [日記]

料理って、化学の実験に似ていませんか?
ある行程をしている途中で、またちがう行程をしてみたり、熱する時間を調整したり、対象物を電子天秤で測ってみたり。

私は理系でしたので、化学の実験がすきでした。…で、今も変わらず、料理教室に通ってみたり、お菓子づくりをしてみたりしているというわけです。

春になって日が延びてきて、昼が長くなってきました。料理など時間がかかる作業も気にせずできるような気にもなってきました。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最高の離婚 最終話 [テレビ]

マチルダとはっさく(光生の家の猫たち)がいなくなっていっしょに探す例の4人…フジテレビ系木曜劇場「最高の離婚」がついに最終話を迎えました。

猫をきっかけにまた絆が戻りつつあるカップル…光生と結夏、かつては夫婦だったんだよね☆そして修復して♪

光生くん、やさしいんだよね。神経質な男性ほど、心は細やかで気配りができるんだよ。第10話で灯里がいってたものね、「気を許せる相手の前だと自分をさらけだせるんだよね…」って。

時任三郎がスペシャルゲストで登場してました!たこ焼きやの露店の親父役で…いやぁ「ふぞろいの林檎たち」を思い出してしまいましたよ♪

今朝のめざましテレビで尾野真千子が心に残るフレーズとして言ってた瑛太の台詞、「なにかっちゃ【思いやり】だよ、これさえ言えば何でも許される、魔法の言葉。」

それにしても、尾野真千子って長髪の髪の毛がきれいだよね。それに対して瑛太は白髪がちょっと多い。このドラマは本当におもしろかったです。エンディングテーマは素敵だし。

八千草薫といえば「茜さんのお弁当」だよね〜ご存知の方はいるかなぁ…嶋大輔とかでてた。

これほど楽しませてくれた「最高の離婚」、当分こんなドラマには巡り合わないだろうなぁ(泣)。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ